Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

損保ジャパンと第一生命 子会社に相互出資

損害保険ジャパンと第一生命保険は24日、両社の子会社に対して相互に出資すると発表した。第一生命の子会社で銀行窓販事業を展開する「第一フロンティア生命保険」と、損保ジャパンの子会社で生保の通信販売事業を展開する「損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険」に、それぞれ最大で10%出資する。両社は2000年8月に包括業務提携しているが、今回の相互出資により提携関係を強化する。

 出資はそれぞれ、9月をめどに第三者割当増資の形式で実施する。第一フロンティア生命は9月に500億円の増資を予定しており、そのうち損保ジャパンが100億円程度を引き受ける。第一生命は、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命に10億円程度出資する計画。

 相互出資を機に、業務提携の領域も拡大する。損保ジャパンは第一フロンティア生命の銀行窓販事業を支援する。具体的には、損保ジャパンが、地方銀行や信用金庫を中心とした親密金融機関を第一フロンティア生命に紹介。販売提携が実現すれば、販売管理などの事務代行を行う。その際には、第一フロンティア生命から代行手数料を受け取る。

 損保ジャパンは、グループ内で変額年金保険を手がけていなかったが、今回の提携拡大で第一フロンティア生命の変額年金を親密金融機関に提供することができるようになる。これにより、団塊世代の大量退職でニーズが高まっている変額年金の取り扱いを希望する親密金融機関の要望に応える。一方、第一フロンティア生命にとって、販路の拡大を図ることができる。

 一方、第一生命は、保険のダイレクト販売を検討してきたが、このノウハウを損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命から受ける。

 今回の提携関係強化は、子会社にとどまるが、損保ジャパンと第一生命という本体同士の提携強化については、両社とも「現時点では検討していない」としている。第一生命は、損保ジャパンに4・14%(07年3月末)出資しているが、追加出資についても現時点では否定している。
[PR]

by yurinass | 2008-04-25 21:29
<< 野村証券元社員インサイダー:影... インサイダー、「野村離れ」じわ... >>