Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

巨額焦げ付き三井住友銀、担当行員に融資先から家賃410万

 三井住友銀行で巨額の融資が焦げ付いている問題で、担当した男性行員(43)が融資先の不動産会社「コシ・トラスト」(東京都渋谷区)側に、自分の住む高級マンションの家賃計410万円を負担させていた疑いのあることが関係者の証言などでわかった。
Click here to find out more!

 コ社は関係する六十数社とともに、同銀行から約170億円の融資を受け、100億円を焦げ付かせた。行員は同銀行に対し、家賃をコ社社長に現金で渡していたと説明しているが、領収書などの裏付けはない。融資の審査に偽造書類が使われたことを行員が認識していた可能性も出てきた。

 コ社グループは融資の申し込みの際、好業績を装った決算書や評価を大幅に水増しした不動産鑑定書を提出しており、同銀行では警視庁に相談している。同庁でも巨額融資の経緯について情報収集を始めた。

 関係者によると、この行員は2002年ごろから高円寺(杉並区)と鶴見(横浜市)の両法人営業部でコ社グループへの融資を担当。05年4月から渋谷区代々木にある高級マンションの家賃7か月分計約220万円、同年12月からは転居した近くのマンションの家賃9か月分計198万円を支払ってもらっていた疑いが持たれている。

 最初のマンションは、コ社の紹介で同銀行から2億円以上の融資を受けた自動車販売会社「ケイファインダー」(渋谷区)から、2か所目はコ社から家主側に振り込まれていた。行員は郊外に自宅マンションを所有しており、渋谷区のマンションとの間を行き来していたという。

 行員は同銀行に最初のマンションについて毎月約半額の15万円、2か所目は22万円全額をコ社社長に手渡していたと説明。「死亡した母親から生前贈与された400万円から支払った」と述べたが、銀行の内部調査ではこうした事実はいずれも裏付けられなかったという。この行員について、融資にかかわった複数の関係者は「コ社の経理担当者と打ち合わせており、銀行に偽造書類を提出したことを知っていた」と証言している。行員は読売新聞の取材に、経理担当者との面識は認めたが、書類の偽造は「知らなかった」としている。

 三井住友銀行では家賃がコ社側から振り込まれたことは確認したとし、「銀行の内規に照らし遺憾な事態。コ社に対しては、法的措置を検討中だ。捜査に全面的に協力する」としている。
(2008年4月17日14時33分 読売新聞)
[PR]

by yurinass | 2008-04-19 22:05
<< 法人取引停止処分者の07年度負... バーゼルII導入、金融機関のレ... >>