Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

破たん企業の監査法人、粉飾見逃し過失認定…大阪地裁

 2001年に経営破たんした堺市の発電設備会社「ナナボシ」(民事再生手続き中)の管財人弁護士が、粉飾決算を見落としたとして、監査法人「トーマツ」(東京)に約10億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、大阪地裁であった。稲葉重子裁判長は、監査上の過失を認め、トーマツに約1700万円の賠償を命じた。管財人弁護士は「監査法人の過失を認めた判決は異例で画期的」と話している。

 判決によると、トーマツは01年3月期まで4年間、同社の決算を「適正」とする監査意見を付けていたが、実際は架空の公共工事代金などが計上されていた。

 稲葉裁判長は01年3月期決算について「公共工事なのに代金が支払われておらず、追加の監査を行うべきだった」と指摘。同期決算の配当約8500万円を損害と認定したうえで、トーマツの過失を2割と算定した。ナナボシの粉飾決算では、元会長ら2人が証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪などに問われ、実刑判決が確定している。

 トーマツの話「判決文の内容を確認しておらず、コメントは控える」
(2008年4月19日 読売新聞)
[PR]

by yurinass | 2008-04-19 22:01
<< バーゼルII導入、金融機関のレ... 道路特定財源:投入中止の10法... >>