Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日立が700億円赤字予想、薄型TV不振で…3月期決算

日立製作所は14日、2008年3月期連結決算の業績予想を下方修正した。

 薄型テレビ事業の不振が響き、税引き後利益が今年2月時点の予想の100億円の黒字から、700億円の赤字になると予想した。

 税引き後赤字に陥るのは、07年3月期の327億円に続いて2年連続。薄型テレビ事業は、国内大手の再編が続いており、日立の業績不振は新たな再編につながる可能性もある。

 部門別では、薄型テレビ事業を含む「デジタルメディア・民生機器」の売上高は今年2月予想の1兆5300億円から1兆5100億円に下方修正、営業利益も980億円の赤字が1120億円に拡大する見込みだ。このうち薄型テレビ事業の赤字は約600億円に達する。

 日立は、将来の黒字化を見越して、払いすぎた税金を繰り延べ税金資産として計上している。しかし、赤字幅が大きくなり、テレビ事業の早期の黒字化は難しいとして、繰り延べ税金資産の取り崩しを迫られた。この結果、大幅に利益水準が落ち込むことになった。

 薄型テレビは、ソニーがシャープと液晶テレビのパネルを共同で生産するほか、パイオニアも松下電器産業からプラズマテレビのパネルを調達するなど、自前の生産体制を縮小して、効率化を図る動きが加速している。日立は今後、薄型テレビ事業の構造改革を加速し、プラズマテレビのパネルを中国市場で販売するほか、北米市場では高級機種の販売を進めて黒字化を急ぐ方針だ。
[PR]

by yurinass | 2008-03-17 08:13
<< 技術重視融資の実績1% 新銀行... 東和銀行が米リーマンと提携発表 >>