Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

クレディア債権総額800億円以上 認否書提出届け出は1万件超

 経営破たんし、民事再生手続き中の消費者金融クレディア(静岡市駿河区)は21日、民事再生法に基づき再生債権に対する認否書を東京地裁に提出した。同社の概算によると、届け出のあった再生債権者の総数は1万件を超え、債権の総額も800億円を超える見込みとなった。これまでの経緯などを示した報告書も同日提出した。

 クレディアなどによると、債権の届け出は未着(約2000件)を含めて約1万1000件。このうち、過払い債権者による届け出は約8000-9000件に上る。債権額は金融機関が800億円程度で、過払い債権は65億円程度とみている。

 昨年9月の民事再生手続きの申請から、指定期間の11月26日までに、届け出があった再生債権は約6900件。このうち過払い債権は約6500件だった。クレディアはその後も届け出を受け付けてきた。

 今後の手続きは、債権者が認否書に不服の場合、異議書を提出をすることができる一般調査期間は2月4日から15日まで。再生計画案の提出期限は2月22日となっている。計画案は4月ごろに開催される債権者集会で賛否が決議される。

 クレディアは昨年11月、支援先企業の選定を効果的に進めるため、再建を支える財務アドバイザーに野村証券(東京都中央区)を選任した。野村証券は同業他社や外資系ファンドなど30社以上と接触、現在までに10社程度に絞り、スポンサー探しを続けている。
[PR]

by yurinass | 2008-01-24 07:48
<< 迫られる“ねじれ会計”の解消 (上) 石原商事・弁済率は超定率 >>