Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

赤福、船場吉兆…、食品業者が不正に走る理由を会計的視点で暴く

 食品偽装や消費・賞味期限切れ材料の使い回しなど、食品菓子メーカー、外食、コンビニ会社の不祥事が次々に明らかになっているが、会計的視点で見ると、会社が不正の誘惑に駆られる裏事情が把握できる。

会社が不正の誘惑に駆られる裏事情
 石屋製菓(白い恋人)、赤福、船場吉兆、日本マクドナルド、ローソン…。食品偽装や消費・賞味期限切れ材料の使い回しなど、食品菓子メーカー、外食、コンビニ会社の不祥事が次々に明らかになっている。

 一般論でいえば「もったいない」ということだが、会計的視点からは、会社が不正の誘惑に駆られる裏事情がはっきりする。

 たとえば、不良在庫。池田陽介税理士は最近出版したばかりの『図解 決算書ここだけ見ればいい!』の中で、「1個50円の商品を5個仕入、それを1個100円で販売する」という例を使って解説している。

 それによれば、「完売した場合」と「1個売れ残りの場合」では、何と売上総利益、いわゆる粗利益率は、50%で変わりがないのだという。

 この場合、売上原価は「仕入-在庫」で求めるわけだが、
1.売上原価に計上するのは販売分だけに限られる
2.売れ残りは在庫として資産になる
上記、2点が会計でのポイントになるからだ。

 ところが、売れ残りの1個が腐ってしまったり、賞味期限が切れたために廃棄処分をするとどうなるのか。つまりは、在庫の不良品化だ。そうすると、粗利益率はたちまちに37・5%に低下してしまうのである。


 粗利益率の低下は経営成績に直結する――企業は粗利益率、さらには営業利益率を1%でもアップさせようと最大限の努力を傾注するわけだが、在庫の不良品化はそれを阻害する最大の要因ともいえるわけだ。コンビニの弁当の売れ残り(廃棄処分)も同じ構図である。

ハンバーガーと牛丼どちらが儲かるか?
 さて、不祥事の話は別にして、主要外食各社の売上原価率や粗利益率、販売費及び一般管理費(販管費)率、営業利益率、それに平均年収を見ておこう。


 売上原価率が最も高い(粗利益率が低い)のは日本マクドナルドホールディングス(HD)。同社は他社が販管費に計上している店舗関連の費用を売上原価に計上していることから、粗利益率が低くなっていると推定される。各マクドナルド店は、100円のハンバーガー1個を販売して粗利13円弱で運営しているといっていいだろう。

 逆に売上原価率が低く粗利益率が高いのは、松屋フーズ、なか卯、吉野家HDといった牛丼関連各社。安楽亭、焼肉屋さかい、あみやき亭の焼肉関連、カッパ・クリエイト、アトム、元気寿司の回転寿司各社も粗利益率が高い。


 ちなみに、カッパ・クリエイトは、牛丼「すき家」を展開するゼンショーの関連会社であり、アトムは居酒屋のコロワイド(甘太郎、三間堂など)の子会社だ。あきんどスシローは、ゼンショーに加えて投資ファンドのユニゾン・キャピタルからの資本も受け入れている。元気寿司はグルメ杵屋の関連会社。

 だが、何といっても粗利益率が高いのは、王将フードサービス、幸楽苑のラーメン・餃子関連の2社。売上原価率は約3割で、粗利益率は7割に迫る。

 粗利益から営業経費とも呼ばれる販管費を差し引いて求めるのが営業利益。本業による儲ける力を示す指標だ。その営業利益率が高いのは王将フードサービスとあみやき亭。両社とも10%を超す。


 逆に、焼肉屋さかい、「牛角」や「鳥でん」などを展開するゼンショーの2社は、前期営業赤字。焼肉屋さかいは、英会話のNOVAの支援にも手を挙げたジー・コミュニケーションの子会社として経営の建て直しに取り組んでいる。

モスフードサービスの従業員平均年収は662万円
 気になる従業員の平均年収はどうだろうか。

 取締役の平均年収が1億円を突破している日本マクドナルドHDの場合、持株会社に在籍している従業員はいないことから平均年収の開示はない。事業会社である日本マクドナルドの場合も同じように開示はないが、かつての「社歴7~8年の店長で年収800万円前後」からはダウン傾向にあるとされる。

 マクドナルドのライバルであるモスフードサービスの従業員平均年収は662万円。長崎ちゃんぽんのリンガーハット、吉野家HDも600万円台だ。ただし、この3社の従業員平均社歴は、10年を突破。人材の入れ替えが珍しくない外食産業では例外的な存在で、必然的に従業員の平均年齢も高くなることから年収も高く出るともいえるだろう。

 吉野家HDの場合、入社2、3年の店長で400万円前後、高ければ500万円もあるようで、複数店舗の統括者ともなれば600~700万円と推定される。

 この12月に三菱商事の子会社(それ以前は関連会社)になった日本ケンタッキー・フライド・チキンの平均年収530万円は、親会社(1423万円)の4割弱といったところ。

 ゼンショー、レックスHD、あみやき亭、くらコーポレーションの3社は、社歴が3年前後での年収水準だ。
 これも 「格差」の一種なのだろうか。従業員平均年収が300万円台の幸楽苑の本拠は福島県郡山市。地方企業の場合、首都圏や関西、名古屋圏の同業他社と比較するとどうしても平均年収が低くなるようだ。
[PR]

by yurinass | 2007-12-28 08:11
<< 新株予約権で申告漏れ 利益10... 会員向けに新融資制度/霧島商議... >>