Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あおぞら銀行と住友信託銀行、包括的業務提携に基本合意

あおぞら銀行グループと住友信託銀行グループによる
包括的業務提携に関する基本合意について


 株式会社あおぞら銀行(取締役会長 能見 公一(のうみ きみかず)/以下「あおぞら銀行」)と住友信託銀行株式会社(取締役社長 森田 豊(もりた ゆたか)/以下「住友信託銀行」)は、各グループの競争力・収益力を強化するために、包括的業務提携(以下「本提携」)を行うことについて、本日、基本合意致しました。


1.本提携の趣旨・目的
 あおぞら銀行グループは、国内のどの企業グループにも属さない「中立性」というユニークなポジションを活かし、様々な事業分野で地域金融機関等との相互補完・機能補完の理念に基づく戦略的業務提携を推進しております。住友信託銀行グループは、「お客様本位No.1のトップクオリティ・トラストバンク・グループ」として銀行・信託・不動産の機能を駆使し、幅広くお客様のニーズにお応えするため、顧客基盤・事業基盤の拡充に資する戦略的業務提携を積極的に展開しております。本提携は、このような両グループのニーズが合致したものです。

 具体的には、関係当局等への必要な手続の完了を前提として、1)不動産関連事業、2)信託・財産管理関連事業、3)資産運用関連事業、の各分野において、相互に事業ノウハウを提供し両グループ共同で各業務を展開することで、主に地域金融機関を始めとするお客様を対象に、より付加価値の高い、幅広い金融商品・サービスの提供を行うことを目指してまいります。


2.本提携の概要
 本提携の概要は以下の通りです。

(1)不動産関連事業
 あおぞら銀行グループと住友信託銀行グループは、不動産に関連するお客様の様々なニーズに対し、総合的なソリューションを提供するため、以下の各業務における提携を行う予定です。
 この他、両グループの不動産関連事業に関する更なる提携を検討して参ります。

1)事業再生業務
 あおぞら債権回収株式会社(以下「あおぞら債権回収」)は、住友信託銀行と事業再生業務に関する提携をすることで、事業再生に関する各種サービスを、住友信託銀行グループのお客様に提供する予定です。
 あおぞら債権回収にとっては、初の大手信託銀行との提携となります。

2)不動産担保融資業務
 住友信託銀行グループのファーストクレジット株式会社(以下「ファーストクレジット」)は、あおぞら銀行と不動産担保融資業務に関する提携をすることで、各種不動産担保ローン商品・サービスを、あおぞら銀行グループのお客様に提供する予定です。
 ファーストクレジットにとっては、初の大手銀行との提携となります。

3)不動産仲介業務
 住友信託銀行とすみしん不動産株式会社は、あおぞら銀行グループと不動産仲介業務に関する提携をすることで、不動産仲介サービスを、あおぞら銀行グループのお客様に提供する予定です。

4)不動産投資業務
 住信不動産投資顧問株式会社とトップリート・アセットマネジメント株式会社は、あおぞら銀行グループと提携することで、より付加価値の高い商品を開発し両グループのお客様に提供する予定です。

(2)信託・財産管理関連事業
 あおぞら銀行は、住友信託銀行と各種信託契約・併営業務代理店に関する提携をすることで、法人のお客様を対象として証券代行、年金信託、投資信託受託等、また個人のお客様を対象として遺言信託・遺産整理等の信託・併営業務に関する商品・サービスを提供する予定です。
 この他、両グループの信託・財産管理関連事業に関する更なる提携を検討して参ります。

(3)資産運用関連事業
 住友信託銀行、住信アセットマネジメント株式会社と、あおぞら銀行、あおぞら証券株式会社は、資産運用及び販売業務に関する提携をすることで、各種資産運用商品・サービスを、地域金融機関を始めとする両グループのお客様に提供する予定です。
 この他、両グループの資産運用関連事業に関する更なる提携を検討して参ります。
 なお、本提携は専属的な業務提携ではありませんが、今回の業務提携を端緒として、あおぞら銀行グループと住友信託銀行グループは、上記の他、様々な分野における提携の可能性を模索していく所存です。


3.本提携の推進体制
 あおぞら銀行と住友信託銀行は、本提携をできるだけ速やかに推進していくために、両グループの代表で構成される「提携推進会議」を設置致しました。両グループは平成20年3月末までを目処に各種の具体的提携を検討・実施する予定です。


以 上
[PR]

by yurinass | 2007-11-26 09:07
<< 「自己資本比率」 経営の健全性... ABL普及 不動産より米、和牛... >>