Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

旧長信銀に転機/あおぞら、新生銀それぞれ経営改革発表


 1998年の金融危機で経営破綻(はたん)し国有化されたあおぞら銀行と新生銀行が20日、それぞれ新たな経営改革を発表した。

 あおぞらは、住友信託銀行と包括的な業務提携で基本合意した。不動産、信託・財産管理、資産運用の3分野で共同で業務を展開する。両行が強みを持つ得意分野でノウハウを結集し、規模の面で優位に立つメガバンクに対抗する。経営統合については、両行とも「現時点で検討している事実はない」と否定している。

 不動産業務では、住友信託系のノンバンクが不動産担保融資をあおぞらの顧客に提供。あおぞらの子会社の債権回収会社が、住友信託の法人顧客の事業再生ビジネスを支援する。信託・財産管理業務では住友信託があおぞらの法人・個人顧客に年金信託や遺言信託などを提供。資産運用業務でも、両グループが連携し、多様な金融商品・サービスを双方の顧客に提供していく計画だ。

 一方、新生銀行は、同行のクリストファー・フラワーズ取締役が代表を務める米投資会社「ジェイ・シー・フラワーズ」を中心とした投資家グループが、TOB(株式公開買い付け)と第三者割当増資の引き受けで、最大32・6%を保有する筆頭株主になると発表した。

 系列ノンバンク事業の不振に加え、米サブプライム(高金利型)住宅ローン関連の損失が響き、07年9月中間単独決算で最終赤字に陥るなど業績が悪化しており、資本増強により、経営基盤の安定を図る。

 TOBは新生銀の発行済み株式数22・7%が上限。今月22日から来年1月10日まで1株当たり425円で買い付けを行い、TOB成立を条件に500億円の第三者割当増資を行う。

 フラワーズ氏は破綻した旧日本長期信用銀行が旧リップルウッドを中心とするファンドに譲渡された2000年3月に取締役に就任。現在、同氏と関連会社で計10%超の新生銀株を保有している。

                   ◇

【会社概要】あおぞら銀行

 前身の日本債券信用銀行は1957年に設立。98年に多額の不良債権を抱えて破綻し、一時国有化された。国は2000年にソフトバンクなどに株式を譲渡。01年に現行名に変更。米投資グループのサーベラスが03年にソフトバンクから株式を取得して筆頭株主となり、経営陣を入れ替えた。06年に長期信用銀行から普通銀行に転換し、東京証券取引所に再上場した。従業員は約1300人、総資産は約6兆5000億円(3月末)。

                   ◇

【会社概要】新生銀行

 前身の日本長期信用銀行は1952年の設立。98年に失敗し一時国有化され、国は2000年に米リップルウッド(現RHJインターナショナル)を中心とする投資ファンドに株を譲渡した。04年に長期信用銀行から普通銀行に転換し、東証1部に再上場を果たした。07年8月に国が破綻処理で投入した1200億円を普通株に転換したため、現在は国が筆頭株主。授業員は約1700人、総資産は約10兆8000億円(3月末)。
[PR]

by yurinass | 2007-11-26 08:57
<< 十八銀<8396.T&g... 石川の信金 小口破たん相次ぐ ... >>