Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

上場地銀15%減益、89行・グループの前期

 株式を上場する地方銀行89行・グループの2007年3月期決算は、連結純利益が前の期比15.2%減の6800億円となった。本業のもうけを示す実質業務純益が伸び悩んだほか、不良債権処理損失も膨らんだ。全体の不良債権比率(リスク管理債権ベース)は0.5ポイント改善したが、4.1%と高止まりしており、1%台のメガバンクと差がついた。

 連結純利益の減少幅は大手銀行6グループ合計の9.5%を上回った。貸し出し競争の激化で実質業務純益が0.7%増の1兆8000億円にとどまる半面、不良債権処理損失は10.6%増の約7400億円となった。九州親和ホールディングス(HD)など7行・グループが貸倒引当金を積み増した結果、最終赤字となった。
[PR]

by yurinass | 2007-06-05 08:14 | 経済状況記事
<< 有利子負債伸び率「現金収支」上... 三井情報、財務分析など地域金融... >>