Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

栃木県信用保証協会CSS来月導入

 県信用保証協会は二十四日までに、有限責任中間法人CRD協会などが共同開発した中小企業再生サポートシステム(CSS)の導入を決めた。再生を目指す企業の経営改善計画作成を支援する機能を備えており、七月中の運用開始を目指す。同システムを利用した相談は無料で、宇都宮の本所と足利支所の双方で年間六十件程度の相談を見込んでいる。
 CRDは全国五十二の信用保証協会などが参加して構築した中小企業信用リスク情報データベース。県信用保証協会は二〇〇一年四月から運用を始め、企業の格付け、弾力的な保証料の決定などに活用している。

 CSSはCRDをベースにしたアプリケーションソフト。企業の過去の決算書を元に、再生対象企業の借入金返済計画など、さまざまな条件を設定して将来の経営状況をシミュレーションしたり、将来五年間の財務諸表を作成したりする機能を備え、企業の経営改善計画作成を支援する。

 同協会は昨年度、企業支援課の新設にあわせ、同じくCRDをベースにした中小企業経営診断システム(MSS)を導入。企業の財務診断、経営支援に積極的に活用してきており、本年度のCSSの導入により、いっそうの企業支援機能の強化を図る。
[PR]

by yurinass | 2007-05-25 15:47 | 経済状況記事
<< IRIが売られる、東証が上場廃... 株式会社商工中金法など成立 >>