Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

商船三井、隻数増へ1兆円・海運大手、船舶投資を拡大

 海運大手3社が船舶投資を大幅に拡大する。商船三井は22日、今後3年間で運航隻数を現在より24%増やし1000隻に拡大する計画を発表。他の船主から借りる船も含めた投資額は1兆1000億円に達する。日本郵船と川崎汽船も大幅な増強を打ち出しており、大手3社合計の隻数は2009年度時点で約2500隻程度と現在の3割増に達する見通し。世界的な需要拡大が強気の背景だが、経済変動によるリスクも抱える形となる。
 商船三井は同日発表した中期経営計画(2007―09年度)で196隻を新たに導入する計画を示した。1兆1000億円の投資額は06年度までの3年間に比べ8割増の規模になる。多額の投資で世界首位の運航隻数を維持する。12年度までにさらに200隻を追加し、1200隻体制とする考えも示した。
 09年度までに増やす船舶の内訳は鉄鉱石や原油、自動車を運ぶ不定期船が150隻。資源輸入を増やす中国を中心に輸送需要が引き続き拡大するとみている。家電製品や衣料品などを運ぶコンテナ船も40隻増加。アジアから欧米への輸送需要を取り込む。これらの船はすでに発注済みという。
 同社は世界経済が年3%の成長を続け、海上輸送需要は年5%の拡大が続くと予測。「全体の需要の伸びを上回る年7.4%の取扱量拡大をめざす」と芦田昭充社長は語った。運航船舶の増加や大規模化で09年度の連結売上高は今年度見通し比で31%増の2兆600億円、経常利益は同26%増の2200億円を見込んでいる。
 運航隻数で商船三井に次ぐ世界二位の日本郵船も、昨年9月末時点で709隻だった船舶を10年度には930隻まで増やす計画。08年度からの3年間の投資額は他の船主から借りる船も含めて1兆円を見込む。
 世界四位の川崎汽船も昨年9月末に427隻だった船舶を08年度までに500隻に増やし、その後も増強を続ける計画で、需要拡大をにらんだ保有船舶の拡大競争が激しくなってきた。
(日本経済新聞)
[PR]

by yurinass | 2007-03-23 07:56 | 経済状況記事
<< 請負金額は30億円増(東日本建... 公示地価16年ぶり上昇・07年... >>