Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

公示地価16年ぶり上昇・07年全国平均プラス0.4%

 国土交通省が22日発表した2007年1月1日時点の公示地価は全国平均(全用途)で前年に比べ0.4%上昇し、1991年以来、16年ぶりにプラスに転じた。マンション・オフィス需要が堅調な東京、大阪、名古屋の3大都市圏がけん引役になった。地方圏全体ではなお地価は下落しているが、仙台や福岡など地方の中核都市では反転上昇した。バブル崩壊後、長らく続いた「土地デフレ」から脱却した。
 全国平均の地価は、現行統計でさかのぼれる71年以降では、第一次石油危機後の75年に一時的に下落した後、91年まで16年連続して上昇した。バブル崩壊後の92年からは一転、15年連続で値下がりした。2002年以降の景気回復や金融機関の不良債権処理の進展などを背景に06年には3大都市圏の商業地が反転上昇、今年は全国に波及した。
 07年の全国平均は商業地が2.3%、住宅地も0.1%上昇した。3大都市圏の商業地の上昇率は昨年の1.0%から8.9%に高まり、東京都(14.0%)と大阪府(10.3%)では2ケタに達した。住宅地も2.8%上がった。
 大都市圏では、景気回復による需要増に加え、大規模再開発などで土地の収益性が高まり、投資資金が流れ込んだ。
 特に都市部の一等地の値上がりが目立つ。東京都では港区と渋谷区の計2カ所の調査地点で上昇率が45%を上回った。いずれも開業から1年で1000万人を集客した商業施設「表参道ヒルズ」の付近。大阪市と名古屋市でも計五地点で上昇率が40%を超えた。
 公示地価の評価を担当した土地鑑定委員会の鎌田薫委員長は「上昇の著しい地域では、利便性や収益性で合理的に説明できない事例も散見された」と述べ、一部の取引過熱に警戒感を示した。
 地価反転は地方の中核都市にも広がった。商業地では福岡市(12.9%)と仙台市(10.8%)が2ケタの上昇率を記録。札幌市も9.3%伸びた。静岡市、浜松市、岡山市、広島市、松山市も上昇に転じた。
 ただ地方圏全体の平均(全用途)は2.8%の下落で15年連続のマイナス。島根、香川、高知、鹿児島の4県では住宅地の下落率が拡大するなど、地価下落に歯止めが掛からない地域もある。
 全国平均は上昇したが、全調査地点のうち上昇地点の比率は住宅地で37.7%、商業地で43.1%。過半数の地点では下落が続いている。国交省は「一部地域の上昇が全体を押し上げている」と全国で一斉に値上がりしたバブル期とは違うとみている。地価水準もバブル期のピーク(91年)に比べ、商業地は約3割、住宅地は半分の水準だ。
[PR]

by yurinass | 2007-03-23 07:56 | 経済状況記事
<< 商船三井、隻数増へ1兆円・海運... 地方債に海外の熱い視線――金利... >>