Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ヤオハン」受け皿会社、会長に小林氏、日本マクドナルド元取締役。

 食品スーパー「ヤオハン」を栃木県南部で展開する八百半商店(栃木市、片柳喜代子社長)は十二日、事業受け皿会社の代表権のある会長に、日本マクドナルドで取締役を務めた小林豊氏(55)氏が就任する人事を発表した。社長には食品製造業の経験が長い桝田博泰氏(48)が就く。
 八百半商店は二十八日付で会社分割し、地域再生ファンドなどが出資するターンアラウンドとちぎ(栃木市)が、従業員も含めて全十店舗を引き継ぐ。
 ターンアラウンドとちぎは同日付で社名をヤオハンに変更。パートを含めた従業員数は四百八十二人となる見込み。桝田氏は代表権は持たない。
 同社の資本金は三億五千万円で、とちぎインベストメントパートナーズ(TIP、宇都宮市、山崎美代造社長)運営の「とちぎフレンドリーキャピタル」が五七%を、大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツが四三%を出資した。
 八百半商店は江戸時代創業の老舗だが、競争激化などから売り上げが低下。メーンバンクの足利銀行を中心に借入金も過大だったことから、二〇〇七年二月にターンアラウンドとちぎと会社分割契約を結んでいた。八百半商店は、県内で「ヤオハンフードセンター」を展開する八百半フードセンター(鹿沼市)とは資本関係などはない。
[PR]

by yurinass | 2007-03-13 08:08 | 経済状況記事
<< 海外への企業物流、ヤマト、輸送... 夢真HD―M&Aの拡大戦略を転... >>