Webメモ


メモです。
by yurinass
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

米企業再生ファンド大手、サン・キャピタル日本進出。

米企業再生ファンド大手サン・キャピタル・パートナーズが日本に進出する。東京事務所の開設を終え、営業を本格的に開始した。主に業績不振企業に照準を定めて出資、事業を立て直し企業価値を高めて株式公開や会社売却で投資を回収する。
 東京事務所は日系企業再生ファンドのベーシック・キャピタル・マネジメント出身の宇津木滋氏ら三人を採用した。東京事務所が案件の発掘と市場調査を担い、実際の投資は米国本社が決める。業績不振企業の買収のほか、低格付け債への投資、銀行ローンや債権買い付けなども行う。
 日本では小売りや外食、一般製造業などを中心に投資案件を探る。「中国の市場拡大や原油高など経営環境の急変に直面している日本企業は多い。投資機会は今後も増える」(マネージング・ディレクターのゲリー・タラリコ氏)とみている。
 サン・キャピタルは米欧アジアに六拠点を持ち、従業員は百十五人。ファンドの運用総額は三十五億ドル。企業再生型の投資手法に定評がある。
(掲載日:2007/02/26 媒体:日経金融新聞,1面 )
[PR]

by yurinass | 2007-02-26 07:30 | 経済状況記事
<< エンジェル税制、どんなメリット... 国の貸出債権、1000億円規模... >>